システム構築例➀POSレジ システムの導入

POSシステムとは

皆さんは、「POSシステム」という言葉をご存知でしょうか。コンビニエンスストアやチェーンの飲食店などで働いたことのある人なら、一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。けれど経理や発注業務に携わっていない限り、「お金を払う時に使われているレジ横の機械」。そんなぼんやりとしたイメージを持っている人が、ほとんどではないでしょうか。
POSシステムは様々な機能が搭載されている、店舗経営者のために作られたシステムで、上手く使えば経営の大きな武器となるシステムでもあります。
POSシステムではレジとパソコンとの連携が必須です。買い物に行った際、レジでバーコードを読み取ると即座に金額が分かり、商品情報がレシートに記載されます。今ではごく当たり前になっているこの流れの裏でもPOSシステムが活躍をしています。また、ただバーコード読み込むだけではなく、どの商品に人気が集中しているのか、客層、天候などに合わせて売れ行きのデータを出すことができます。

頼り過ぎない事が肝心

POSシステムで出来る事はまだまだあります。在庫が減ったら自動で発注をかけることも出来ますし、チェーン店であれば全国の店舗のパソコンをPOSシステムでつなぎ、集まった顧客データをマーケティングに生かすことが可能です。多くの店舗では出退勤管理もPOSシステムで行っていますので、給与の計算も簡単にできるようになります。お店の規模が大きくなればなるほど、POSシステムの利用で売上増や人件費の削減など、様々な面で役立つことでしょう。
このようにPOSシステムはとても便利なシステムですが、顧客管理について出てくる情報はあくまでデータすぎないということを認識する必要があります。そしてデータに頼りすぎるのではなく、顧客の生の声にも耳を傾けながら店舗作りをしていくことで、より満足度が高くなるのではないでしょうか。また、契約内容によって、利用できるサービスや金額が異なってきますので、どのプランが自分にとって最適なのかを見極めることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です