システムエンジニアという職種

システムエンジニアの仕事の一般的な流れ

求人誌などでシステムエンジニアはSEということで書かれていたりします。そのような職業とは縁遠い方でも、1度くらいは目にしたことがあるでしょう。名前の通り、コンピュータが動くためのシステム環境づくりをする技術者ということで、システムの設計・開発・テストを手がける職種ということになります。仕事を依頼するクライアント(多くは企業)がありますから、そこが何を目的としたコンピュータシステムを構築したいのかを聞き出して、進めていく仕事です。一般的な流れとして、要求分析(どんなシステムが必要か)、要件定義(要求分析のまとめ)、基本設計(何を構築するか)、詳細設計(プログラミングのための前段階設計)、プログラミング(プログラミングの作成)、テスト(動作環境を調べる)、稼働ということになり、プログラミングはプログラマーが担当する場合やシステムエンジニアも担当する場合もありますので、それを含めての仕事だととらえれば良いでしょう。

新しさへ挑戦するモーベーション維持が重要

エンジニアというと、一人でコツコツ進めていくというイメージかもしれませんが、システムエンジニアというのは、クライアントとの打ち合わせもありますし、社内でもチームを組んで進めることが多い仕事ですから、大変コミュニケーション能力が必要になる仕事でもあります。人付き合いが苦手だからといってシステムエンジニアを選んでも、務まらないという話になります。何の仕事でも、人の話をよく聞き、対応し、交渉や調整をすることができなければ、やっていけないでしょう。また、他にもどういう素養がいるかというと、もちろんITに興味がなければ始まりませんし、IT業界は技術トレンドの移り変わりが非常に速い業界ですから、常に勉強や世の中のニーズをとらえるということをし続ける姿勢もなければやってはいけないのです。システムを開発するということは、新しいことへ挑戦していくモチベーションを保つことが重要になります。