システムエンジニアになるには、いつも勉強

転職時にも役立つ資格は取得しておくべき

システムエンジニアになるために特定の資格は持っていなくても、仕事をこなせれば特に問題なくやれますし、文句をいわれる筋合いはないでしょう。しかし、システムエンジニアに関する資格があれば、スキル向上になる他、社外的にも能力が証明できますから、取得して悪いことはないでしょう。また、毎月の給料に資格手当をつけている企業や、資格試験に合格すると合格報奨金が出る企業もありますので、資格を持っていても損だということはないでしょう。むしろ、取得資格の難易度によっては、資格手当などの支給額は高くなる傾向もあるようです。では、どんな資格があるのかを見ていきましょう。資格には、国家資格が一つ。企業が自社のための技能を図るために取らせるベンダー資格が一つあります。国家資格には、IT業界の中でポピュラーな資格であるITエンジニア登竜門といわれる基本情報技術者試験と、さらにレベルアップした応用情報技術者試験、難易度がさらに高いシステムアーキテクト試験というもの、同じレベルで、ネットワーク系エンジニアが持っているとおすすめなものに、ネットワークスペシャリスト試験というものもあります。ベンダー資格の代表には、オラクル社製品の「Oracle Database」に関する技術を証明する、オラクルマスターという資格があり、民間資格ながらも、世界的に通用するような資格もあり、転職時にも役立つでしょう。

IT系以外の資格取得もおすすめ

実力の世界でもあるIT業界ですから、知識・技能を磨いていく姿勢や資格取得は義務でないにしても当初から必須になりますが、IT系以外の資格取得でもおすすめしたものがあります。システムの構築以外にも、クライアントの悩みを共に考え、解決へ導くことも仕事のうちですから、「中小企業診断士」などのビジネス系資格も持っていれば、先々で役に立つことは間違いないでしょう。資格、資格で大変ですが、それだけ専門的な仕事になるということでしょう。